前へ
次へ

自宅葬を行う際に注意しておきたいこと

自宅葬は、斎場ではなく自宅で行う葬儀であり、住み慣れた我が家でお葬式が出来ることや、会場費がかからないなどのメリットがあります。
しかし注意しておきたいこととしては、まず、近隣への配慮が必要になるということが挙げられるでしょう。
自宅で葬儀を行うと、どうしても人の出入りが多くなって、近隣に迷惑がかかる場合があります。
ですので、事前に周辺のお宅へ挨拶して、葬儀を行う旨を説明しておくことが必要でしょう。
次に挙げられる注意点は、スペースの確保が必要になるということです。
自宅葬では、最低でも6畳のスペースがあれば出来ると言われていますが、参列者の規模によってはそれ以上のスペースを確保する必要が出てくる場合もあると言えるでしょう。
そしてスペースを確保するためには、家具を動かすなどして家の中を整理することが必要な場合もあるため、その手間がかかることもあります。
また参列者のための駐車スペースに関しても、自宅近くに用意する必要があるでしょう。

Page Top