前へ
次へ

葬儀費用の内訳はどうなっているのか

葬儀費用は、少し複雑になっている面があるため、分かりにくいと感じている方も多いと言えるでしょう。
そこで知っておきたいのは葬儀費用の内訳がどうなっているのかということですが、基本的には、葬儀本体費用と飲食接待費用、そして寺院費用の3つから成り立っています。
葬儀本体費用とは、葬儀そのものにかかる費用であり、葬儀社が提示している葬儀プランの費用がそれに相当すると言えるでしょう。
また葬儀本体費用は、3つの基本的な費用の中で最も高額であり、平均相場は120万円程度ですが、葬儀プランによっても大きく金額が変わります。
次に飲食接待費用とは、通夜で振る舞われる料理代などの費用であり、平均相場は35万円程度になりますが、こちらは参列者の人数によって費用が変わってくると言えるでしょう。
さらに寺院費用とは、お経を読んでくれる僧侶に渡すお布施のことであり、平均相場は45万円程度です。
そして寺院費用は、宗派によって相場が異なるという特徴があります。

Page Top