前へ
次へ

家族だけで行う小規模な葬式の詳細と注意点

故人を偲ぶ場である葬式は親戚や故人の友人などが多数参列するので大掛かりな物になるのが従来の常識でした。
祭壇の設営や斎場の利用などで多額の費用が生じるため、葬式台を工面する目的で生命保険に加入するなど、金銭面の負担が大きくなる問題がありました。
現在では価値観の多様化や少子化などの要因で葬式は規模が縮小される傾向があります。
特に故人の家族だけで行う家族葬の需要が増加し、葬儀会社も最低限の内容ですべての手順を済ませる小規模葬式のプランを扱う所が増えています。
小規模な葬式は斎場を使わず、自宅で行うのに適しています。
家族以外の参列者がほとんどいないので短時間で済む他、香典返しなどの慣習で余計な支出に見舞われる心配がありません。
その一方で小規模な葬式は火葬や埋葬の手続きを遺族が行うのが普通なので事前の確認が不可欠です。
葬儀会社によっては役所への書類提出を代行する所もありますが、追加料金が発生して支出が大きくなってしまう可能性があるので十分に注意します。

住宅設備の買いつけも対応しています
システムキッチンやユニットバス等住宅設備の買取も行っています。

専門スタッフが不用品を売れるかどうか査定します

一点からでも対応可能

捨てにくい大型家具の回収も承ります

不用品の回収も行います

Page Top